ドナー提供者や家族が犯罪者だったら・・・。

ドラマ「左目探偵EYE」のキャッチコピーは、『この目に映るのは、真実か。罠か。』。
生まれつき左目がほとんど見えない主人公で中学生の田中愛之助。唯一の家族である兄・夢人から角膜移植を受ける。左目が見えるようになって喜んでいたが夢人が何者かに殺されたと思われた。だが、夢人は、爆発事故により焼死体で発見されるが、実際に死亡したのは身代わりで、本人は犯罪プランナーとして活動していた。そして、見えるようになった左目に衝撃を受けるたび、今まで見たことのない映像が見えるようになる。愛之助は、新聞配達のアルバイトをしていた中、袋を背負って走り抜ける大型犬と接触し、転倒。その衝撃で、左目に『3つの四角形』『飛び立つ鳩』『少女の顔』などの映像が見えた。それは、兄・夢人が事件を起こしている映像だった。新たな犯行計画を阻止するため事件の調査に乗り出す。

このブログ記事について

このページは、pjが2014年9月 4日 10:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キャッシング審査の流れについて」です。

次のブログ記事は「キャッシングにおける、「個室」と「魅せ方」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。